活用事例の一覧に戻る

Google Analytics×ユーザー行動分析で実現する、
顧客嗜好トラッキング

- BtoC アパレル企業へのご提案・導入事例

お客さまのマーケティング課題


アパレル企業大手として複数のブランドライン・個店を全国的に展開し、ウェブ上でも自社運営のECサイトのほか、
情報発信の統括としてのコーポレートサイト、各ブランドごとのブランドサイト、サテライトサイトなど複数のデジタルメディアを各部署やブランド担当が運営している。

しかし、業界環境としてはユーザーの消費意欲の落ち込みやファストファッション席巻の影響が大きく、
販売チャネルとしてのウェブの活用や、デジタルを使った顧客育成・囲い込みが求められていた。

運営しているオウンドメディアでは、上記の課題に対して「ディスプレイ広告」・「リターゲティング広告」・「バナー広告」などの
一連の広告施策を実施し、Google Analyticsによるログ分析も行ってはいるものの、その後の分析や有効活用には至っていない。

またブランドサイトのECサイトとは異なる性質から、購買貢献への効果があったのか明確な測定基準が持てずにいた。

マーケティングオートメーションを導入して実現したいこと


マーケティングオートメーションの導入にあたり、お客さまからいただいた要望は下記のとおり。

  • ① ブランドサイトでのブランディングを通じて店舗への来店・ECでの購買に貢献したい
  • ② ブランドサイトに来訪したユーザーの行動を分析することで、ニーズを把握したい
  • ③ 把握したユーザーニーズに対する、ブランドサイトの貢献状況の分析
  • ④ 上記3点の分析を通して、サイトの役割と適切なゴール、KPIを策定したい

弊社のご提案内容


お客さまからいただいたご要望に対して、
Google Analyticsによる「サイトパフォーマンス」の分析と、HIRAMEKIによる「ユーザーパフォーマンス」のクロス分析を実施

①「複数のブランドサイトを横断した、ユーザー行動特性の分析」


ユーザーセグメントごとに最適なブランド訴求を行い、購買意欲を向上させるためにブランドサイトを複数横断してユーザー行動を追跡

ユーザーを嗜好・行動からグルーピング サイトを横断して行動するユーザーの嗜好や行動特性を把握

コーポレートサイトを中心とした13のブランドサイト郡にHIRAMEKIを導入して、サイトやセッションをまたいだユーザー行動を可視化することで、商品の並売可能性の向上やブランドグループ単位でのターゲットセグメントを構築

②「サイト単体のパフォーマンスとユーザーのパフォーマンスを定点観測」


サイトのパフォーマンスとユーザーのパフォーマンスを双方向から評価・分析 ログ分析と行動分析を並行して実施することで、各サイトのKPIを最適化

マーケティングオートメーションのシナリオ機能とログ計測ツールを併用することで、

     
  • Google Analyticsでログデータからサイト単体でのパフォーマンスを分析する

とともに、HIRAMEKIの導入によってこれまで可視化できていなかった
     
  • ブランド間の相関関係・貢献度の分析
  • ロイヤリティの高いユーザーのパフォーマンスの定点観測  が可能に。

クロス分析の結果を全体戦略に落とし込むとともに、各ブランドサイトのKPI・施策の立案にも応用し効果計測とPDCAを支援。

「今日から使える」デジタルマーケティングのヒントを発信しています

お問い合わせ

資料ダウンロード

まずは資料をご確認下さい。簡単なフォーム入力からダウンロードできます。

資料ダウンロードはこちら

デモ/お問い合わせ

デモのご希望や導入方法、料金プランなど、不明点があればお気軽にお問い合わせください。

デモ/お問い合わせはこちら

パートナー募集

HIRAMEKIの販売を行っていただける代理店様を募集しております。

パートナー募集はこちら

連携サービスのお問い合わせ

HIRAMEKIの他社サービスとの連携について、お申込み・ご相談を承っております。

連携サービスのご相談はこちら